知っておくべきカードローン審査の基礎

どんな金融機関のカードローンと言えども、まずはそれに申し込んで審査が通らなければ話になりません。
そしてその審査が通るか通らないかに大きな影響を与えるものが、総量規制なのです。総量規制とは、貸金業法などで規定されているものであり、要するに利用者の借り過ぎと業者の貸し過ぎを防止するための策のことです。具体的には、原則として年収の3分の1を超える借り入れは禁止となっています。
ですから、たとえば年収が三百万円で既に百万円の借金を抱えているような人は、それ以上はお金を借りることはできないことになります。もしもそんな人が消費者金融や信販系の会社などにカードローンを申し込んだとしても、残念ながら、その審査は最初から通らないものと覚悟しなければなりません。
ところが、その総量規制は、消費者金融会社、クレジットカード会社、信販業者、事業者金融会社などの貸金業者が規制の対象になるのであり、銀行やゆうちょ銀行、農協など金融機関は、総量規制の対象外となっているのです。
それゆえ、銀行系カードローンは、たとえ年収の3分の1を超えていたとしても審査が通る可能性はあるのです。

 

総量規制の対象外になる例外

それに、各種の「おまとめローン」や「利用者にとって一方的に有利となるような借換え」の中には、例外的に総量規制の対象外となるものもありますので、詳しいことはその都度、最新情報をしっかりと調べておく必要があります。それはインターネットを検索して色々な業者を調べれば、比較的簡単に調べられることです。
いずれにしても、自分の限界を超えた借り入れは禁物です。たとえ総量規制に引っかからずに首尾よく借り入れができたとしても、その後の返済に行き詰まってしまうようなことになったら元も子もありません。カードローンは計画的な利用が肝心です。