カードローンの融資限度額を増やすために必要なこと

みなさんはカードローンと一般的なローンの大きな違いを知っていますか?それはカードローンは「何度でも借りることができる」という点です。
一般にフリーローンと呼ばれている、カードローンと同様用途が限定されていないローンの場合は、契約金額100万円なら100万円を1度に借りて、その返済が終わるまでは新たな借り入れはできません。一方カードローンでは、契約金額が100万円なら、借り入れ残高の合計が100万円になるまで繰り返し借りることができます。例えば今日10万円借りて、明日20万円を借りる、ということが可能なのです。その分一括のローンに比べて金利は高めなことが多いようですが、「お財布感覚で気軽に使える」という点では、非常に便利になっています。
ところがカードローンでは、例えば100万円以上の契約金額を期待して申し込んだものの、実際に提示されたのは30万円だった、ということもありえます。契約する融資限度額は、返済能力の審査結果によって決定されるので、こればかりは仕方ありません。また、ある程度安定した職業についている方でも、はじめてカードローンを利用するということだと、今までの履歴が不明なことから、低めに設定されるケースも多いようです。

 

利用額が限度額に近づいてきたそんな時は

では、カードローンの融資限度額はあとから増やすことはできるのでしょうか?答えはYESです。もし枠を増やしたい時には、お客様センターか増枠相談専用の窓口に問い合わせてみましょう。ただし増枠を叶えるためには、それなりに実績が必要です。最低でも半年、できれば1年くらいは、毎月一定額を借りて、返済日までに返済するということを繰り返し、実績を十分に作ってから増枠の相談をしたほうが確実です。