与信力が弱い人は消費者金融系カードローンが狙い目

カードローンの審査では、自身の職業や年収を総合的に加味した属性と呼ばれる情報と、過去の金融取引情報をまとめた信用情報の二つの点が審査基準になります。

 

金融会社が属性と信用情報をあわせて判断した結果のことを与信力といい、どれだけ信用しているかを表す尺度となります。与信力はいわば信用の強さを表す数値であり、貸したお金を返してくれる確率が高い人ほど与信力は強くなります。

 

与信力が強い人ほど高い金額を低金利で融資してもらえることになり、与信力が弱い人には限度額が低く設定され高金利で貸し付けが行われます。

 

カードローン会社から見れば、与信力の弱い人物に融資することは大変にリスクのある行為になりますから、ほとんどの会社はリスクを避けるために融資限度額を下げるか、リスクに見合うだけの高い金利を設定することになるのです。

 

カードローンは提供する会社ごとに審査基準が異なりますから、審査の甘いカードローンも存在します。カードローンの審査でも、与信力の強い人ほど審査に通過する確率は高くなり、与信力の弱い人は審査に落ちてしまう確率が高くなりますから、カードローンを利用するためには、審査基準の甘いカードローンを選ぶ必要があります。

 

消費者金融系のカードローンは審査通過がしやすい?

 

一般的に銀行系のカードローンよりも消費者金融系のカードローンの方が審査が甘く、与信力の弱い人でも審査に通過しやすいといわれています。

 

適用される金利は消費者金融系カードローンの方が高めで利用限度額も低いですが、金利サービスのキャンペーンなどを利用することで金利負担を抑えることは可能です。

 

パートやアルバイトなど属性の弱い方でも審査に通過したという報告がありますから、与信力の弱い方は消費者金融系のカードローンの利用を検討してみましょう。