カードローン審査の前にまずは計算をやってみましょう

カードローン審査をしてみたいと思っている人にとって、一番気になってくるのがカードローン審査における金利などの金額です。

 

いったいどれくらいの金額が経費としてかかってくるのか、ということを事前に知っておけば、問題なく借り入れを済ませ、そして返済までをきちんとすすめることができます。返済するために必要となるのは、どれくらいの金額を、どれくらいの期間、どのような金利で借り入れるのかということです。

 

この場合、大金になればなるほど金利というものは低下する傾向がありますから、大きな金額を借り入れれば金利を下げられ、小さな金額であれば金利があがっていくということになります。

 

金利の計算式をわかるようにする

 

たとえば10万円程度であれ、金利は比較的高めになります。仮に20%だと想定するならば、かけ算と割り算で答えを出すことができるのです。10万円の20%をまずはだしてみて、それを三百六十五日で割ります。

 

すると一日にかかる金利というものがわかりますから、それを一ヶ月分ならば30日、そして3ヶ月なら90日といった具合にかけ算していけば、どれくらいの費用を支払えばいいのかがわかるのです。

 

この計算式はあらゆる金利に適用できますから、ちょっとしたお金を借りたいというときも、そして住宅ローンのような長期的な大金を借りるときにも、もちろんカードローン審査をするときによく利用される枠、数百万単位でも通用します。そういった特徴がありますので、この計算式は非常に役に立つのです。

 

また、計算式そのものを忘れていても大丈夫なように、最近では企業側が借り入れをする人々向けにこうした計算を自動でやってくれるサービスを提供していることがあります。企業にとっては長い付き合いとなるわけですから、なるべく顧客向けに良質なサービスを提供したい、という思いがあるのです。