銀行のローンカードと消費者金融のキャッシングの違いは何でしょうか?

お金を借りることのできるカード全般をローンカードと呼んでいます。

 

カードローンというものもありますがこちらは商品名です。ローンを目的としたカードに対する全般的な名称がローンカードです。ローンカードには銀行のものと消費者金融のものとがありますが、金利が低いのが銀行のローンカードの特徴です。

 

一方で金利が高いのが消費者金融で、こちらはカードローンということになります。この金利の違いについては貸金業であるかどうかが大きく影響しています。

 

消費者金融の営業形態はお金を貸して利息から利益を得るということになります。基本的に単一の営業形態です。一方で銀行の場合にはお金を貸すこと以外にお金を預かったり運用をしたりといった業務も行っています。

 

数多い業務のうちの1つが融資なのです。利益は様々な業務を行い得ています。銀行のローンカードの金利が低いのはこれらが理由となっているのです。また銀行の中でもネット銀行の場合はさらに金利が低くなっています。銀行系カードローンは総量規制外になるので専業主婦の方でも利用できる貴重なカードローンとなっています。

 

→ランキングを今すぐチェック

 

ネット銀行の金利の場合

 

ネット銀行の場合には一般の銀行と比べると人件費や店舗の運営費が節約できますので、その分金利を安くすることができるのです。

 

消費者金融では上限である18%の金利が適用される場合が多いです。借り入れを消費者金融から行う場合には返済方法と使いやすさを金利よりも重視するようにしてください。

 

また借り入れを銀行から行う場合には金利は利用限度額によって変ります。自分の借り入れを希望する金額とその金額に対して適用される利息をしっかりと確認するようにしましょう。金利が少しでも変ると返済の総額に大きく影響しますので注意が必要です。

 

カードローン審査を無事に通過するためにスコアリングシステムについて知っておこう

カードローンを利用するには審査に通過する必要があります。初めて利用する金融機関で初回の申込時にのみ行われるので、通過後は発行されたローンカードで自社、提出、コンビニのATMなどで借入を行ったり、口座振り込みによって借入を行ったりできます。審査にはスコアリングシステムが導入されています。ほとんどの金融機関がこの方式を導入しています。まず審査の対処となるもの、例えば「年収」や「借入状況」などのような項目を用意し、利用者の申告や信用情報から、それぞれにポイントをつけていきます。合計ポイントが合格点を超えると審査に通過に近付きます。今回はこのスコアリングで重視される項目について紹介していきます。

 

年齢によってポイントは異なります

 

利用者の年齢もスコアリングの項目に含まれています。年齢は高ければ高いほど高得点が望めますが、反対に高すぎるとマイナスになってしまいます。その理由は、年齢が上の人の方が役職も高くなりますし若い人よりは比較的大きい収入を得ていると考えられるのですが、60歳を過ぎていると定年退職をしている方も多く、年金生活をしていると考えられるからです。実際、60歳以上の方には利用できないカードローンも存在します。それでも、審査はスコアリングシステムなので年齢がマイナスであってもそれほど気にする必要はありません。若い方にも同じことが言えます。むしろ若い方をターゲットにしたカードローンも存在するので、年齢のことはあまり気にしないでください。

 

公務員や大手企業に勤めている方は高得点です

 

利用者を職種で区分することはありませんが、職種によって得点が異なることは確かです。最も有利な職種は、公務員や大手企業に勤めている方です。公務員の方は職を失うことはないですし、大手企業であれば倒産するような可能性も低いからです。将来も安定して収入を得続けられる職種の方は、お金を貸す側からしても信頼が置けます。反対に最も不利な職種は、フリーランスや自営業を行っている方です。こういった方は安定した収入を保証することができません。審査では何よりも安定性を求めます。例え高額な収入を得る月があったとしても、それがたまにでは意味がないのです。むしろパートやアルバイトの方が安定しているため有効です。しかし、毎月一定の収入を得られるようになれば安定していると判断されることもあります。サラリーマンの方にも言えることですが、自営業は働き始めてからの年数が非常に重要です。実際、勤続年数が1年以内のサラリーマンの方は、どちらかと言えば不利です。いずれにしろ、安定が求められることだけは覚えておいてください。

 

居住形態も審査対象です・まとめ

他にも、過去のトラブル記録(滞納や債務整理)や現在の借入状況なども審査では重視されます。さらに、居住形態も審査の対象となっており、持ち家がある方や賃貸でも居住年数が長い方は高得点が望めます。最後に、居住形態と職種についてのまとめの表を作成したので確認してみてください。